大悲願寺|あきる野市横沢にある真言宗豊山派寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

金色山大悲願寺|源頼朝檀越、多摩八十八ヶ所霊場59番、武蔵五日市七福神

大悲願寺の概要

真言宗豊山派寺院の大悲願寺は、金色山吉祥院と号します。大悲願寺は、源頼朝が檀越となり、澄秀を開山として、平山季重が建久2年(1191)に創建したといいます。その後四世澄遍が延文5年(1360)に再興、関東管領足利基氏・氏満父子から寺領20石を寄進を受け、徳川家康が関東入国した天正19年(1591)にも20石の御朱印状を受領、近隣に末寺32ヶ寺を擁していました。多摩八十八ヶ所霊場59番、武蔵五日市七福神の大黒天です。

大悲願寺
大悲願寺の概要
山号 金色山
院号 吉祥院
寺号 大悲願寺
住所 あきる野市横沢134
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



大悲願寺の縁起

大悲願寺は、源頼朝が檀越となり、澄秀を開山として、平山季重が建久2年(1191)に創建したといいます。その後四世澄遍が延文5年(1360)に再興、関東管領足利基氏・氏満父子から寺領20石を寄進を受け、徳川家康が関東入国した天正19年(1591)にも20石の御朱印状を受領、近隣に末寺32ヶ寺を擁していました。

新編武蔵風土記稿による大悲願寺の縁起

(横澤村)
大悲願寺
村の東南の方にあり、金色山吉祥院と號す、新義眞言宗、京都醍醐三寶院の末なり、開山澄秀僧正建久二年當寺を創し、貞應元年十二月八日寂せり、開基は右大将賴朝なりといへど、たしかなる證迹はなし、されど貞治の頃平氏重が書寫してをさめし大般若あるをもて、ふるき寺なることしるべし、又天正十八年の禁制の文に、吉祥院とあり、又明る十九年寺領二十石の御朱印を賜ふ、その文にも寄進す吉祥院武蔵國多西郡秋留郷横澤之内二十石云云とあり、是によれば昔は院號を以行はれしことゝ見えたり、今は寺號を通稱となせり、天正十八年太閤秀吉より出す制札を蔵す、左の如し(制札文面省略)
又同き年の六月、上杉宰相加賀筑前守木村常陸介大将として、八王子を襲ひし時も、禁制の書を出せしとて蔵せり、其文に(禁制文面省略)
寺寶
御團扇一
東照宮より賜ひし由いひ傳へり、大さ八寸許、あしろ組の如くにして居ろはとび色なり、中に金粉を以径り五寸許なる葵御紋を印せり
袈裟一
これも東照宮より賜はりしと、葵御紋を織出せり、
旗二流、大猷院殿御寄附ありし由いへり、白地の錦にて上の金具に葵の御紋を鐫せり
大般若經一部
巻末に惣奉行三百、内大檀那兵部少輔正五位平朝臣氏重、貞治五年丙午二月日書寫と記せり、
一切經一部
茶碗一
賴朝所持のものを寄進すといふ、黒塗の碗にて縁に金を張てあり、
伊達正宗書翰一通
表門
長屋門なり、二間に十間、
樓門
五間に二間、金色山の三字を遍す、下に仁王の木像長八尺許なるを左右に置く、上に一切經を蔵め、傳大士普成普建の木像を置き、後背に弘法大師の木像を安す、
中門
本堂の前にあり、兩柱の間二間、吉祥院の三字を遍せり、共に當寺の住僧如環が筆なり、
本堂
十三間半に七間半、大僧正了怒が筆にて大悲願寺の四字を遍す、本尊大日木の坐像長五尺を安す、作知ず、
鐘樓
九尺に一丈二尺、鐘の長四尺、圓徑二尺五寸、銘文あり、左の如し(銘文省略)
觀音堂
本堂の西にあり、六間四方、千手観音の立像長五尺許なるを安置す、行基菩薩の作といへり、是餘同じ、觀音の畫像一幅、聖徳太子の畫にしてかけをけり、(新編武蔵風土記稿より)

「五日市町史」による大悲願寺の縁起

大悲願寺
(横沢一三四)真言宗豊山派、金色山吉祥院と号し、本山は大和の長谷寺である。開山の澄秀が醍醐の三宝院に関係あったため、長く同院末であったが、明治二十九年二月、長谷寺に変わった。本町第一の古刹である。
開創に関しては聖徳太子が全国行脚の際、この地に一宇の草堂を建て、それが元であるとの伝承もあるが、それはとにかくとして、現在も寺の後方の山合いに「草堂の入」という地名が残っていることからみれば、古くから何らかの草堂のあったことはうかがえる。史実としては建久二年(一一九一)、源頼朝が檀越となり、洛陽の人と言われる澄秀を開山として、平山季重が創建したという寺伝に目安をおくべきであろう。
本堂は間口一三・五間、奥行七・五間、度々の改修があったが、現存のものは元禄八年(一六九五)再建のものである。本尊は大日如来、開創当初は醍醐から澄秀が持参した千手千眼観世音菩薩の画像を本尊としたと伝えられているが、この画像も聖徳太子の筆に成るものだとの伝承がある。
文永十年(一二七三)頃から約百年近くの間、寺運が非常に衰微したが、延文五年(一三六〇)、四世の澄遍が吉祥院を再建したり、鋭意復興に努力し、醍醐三宝院の印可を受けて再興した。これによって澄遍を「再興の開山」と呼んでいる。関東管領足利基氏・氏満父子から秋留郷内に寺領二〇石の寄進を受け、代々それを受けついで明治維新まで続いた。
ところが明治初年、神仏分離令の発令と共に、廃仏段釈などの時代思潮の影響もあり、三二か寺もあった末寺も半減、檀家も減少、寺領も没収されるなどによって、寺運は難渋し極度に傾いた。しかし請願その他により神奈川県令中島信行も協力し、旧寺領の払い下げも実現、逐次好転して鐘楼その外建物の整備にも努め、明治十五年(一八八二)には、それまで長く呼んでいた「吉祥院」の呼び名を、旧名の「大悲願寺」に復し、現在に至っている。
二十四世如環は当町高尾の出身で、菩提寺大光寺の住職了盛について得度し「無端」とも号し、享保十七年(一七三二)大悲願寺に晋山、寺運興隆のため非常に活躍した。過去帳を整理したり(八王子落城の犠牲者五百余名の連名もあり)末寺の僧を集めて研修論講を行うため、自ら木活字を作って(現存)テキストを印刷した。出版は十数論講、紙数一〇七枚に及ぶものであり、いずれも本寺に現存している。このため「活版僧」のニックネームもあった。その外、仁王門(寛政九年造)の改修、その楼上に一切経安置の輪蔵設置(元文三年)、長屋門の再建(寛保二年)、鐘楼・庫裡の改築等、伽藍の整備にも努めた。現在の仁王門はその後文久二年(一八六二)改修のものである。格天井の絵は隣村平井村出身の絵師森田五水の筆である。
仁王門(山門)をくぐって正面の建物が観音堂であり、「無畏閣」の掲額がある。全部塗装され斗栱・欄間の彫刻等も見事である。現在の建物は寛政六年(一七九四)改築のものであり、昭和四年にも修理されている。本尊は「伝阿弥陀如来三尊像」と称され、中央阿弥陀如来(八九センチ)、脇侍千手観世音菩薩(五九センチ)、勢至菩薩(六一センチ)の三坐像である。平安末期から鎌倉期にかけての作と言われているが、作者は未詳である。但し向背は文政十一年の作である。昭和三年八月、国重要文化財に指定された。
本堂前の庭先に立札で示した「臥竜梅」がある。これは昭和四十八年(一九七三)、仙台市から贈られたもので、このいきさつについては伊達政宗にからむ因縁があり、別項「余所者往来」に詳記して、ここでは省略する。
なお、文政六年(一八二三)の春、多摩郡一帯を範囲として「新四国八八番巡礼札所」なるものを定め(『桑都日記』による)、その第一番が本寺で、第二番が伊奈の成就院、第三番が高尾の大光寺(第四番畳原正福寺)、第五番が盆堀の西蓮寺であった。(「五日市町史」より)


いいお墓

大悲願寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「五日市町史」