猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内 猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内
猫の足あと

中里氷川神社|清瀬市中里の神社

中里氷川神社の概要

中里氷川神社は、清瀬市中里にある神社です。中里氷川神社は、領主武藤義太郎が元和2年(1616)に創建、中里村の鎮守社だったといい、明治6年村社に列格したといいます。

氷川神社
中里氷川神社の概要
社号 氷川神社
祭神 須佐之男命
相殿 -
境内社 -
住所 清瀬市中里2-1386
祭日 4月28日
備考 -



中里氷川神社の由緒

中里氷川神社は、領主武藤義太郎が元和2年(1616)に創建、中里村の鎮守社だったといい、明治6年村社に列格したといいます。

新編武蔵風土記稿による中里氷川神社の由緒

(中里村東光院項)
氷川社。堂へ向て右にあり、四尺四方の祠にて、二間に二間半の上屋あり、南向にて鳥居をたつ、村の鎮守なり、例祭二月二十八日(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による中里氷川神社の由緒

元和二年三月、領主武蔵義太郎創建と伝わる。明治六年村社に列せられる。(北多摩神社誌より)

東京都神社名鑑による中里氷川神社の由緒

元和二年(一六一六)三月、領主武藤義太郎創建と伝わる。中里の守護神として崇敬されている。(東京都神社名鑑より)


中里氷川神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 北多摩神社誌(北多摩神道青年会むらさき会)
  • 東京都神社名鑑