大泉寺|東村山市恩多町にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

大泉寺|東村山市恩多町にある曹洞宗寺院

大泉寺の概要

曹洞宗寺院の大泉寺は、稲荷山と号し、現在は廃寺となっています。大泉寺の創建年代等は不詳ながら、寛延年間(1748-1751)に創建した大岱稲荷神社の別当寺だったといいます。明治維新後に無住だったことから廃寺となっています。

大泉寺
大泉寺の概要
山号 稲荷山
院号 -
寺号 大泉寺
住所 東村山市恩多町3-33-1
本尊 -
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



大泉寺の縁起

大泉寺の創建年代等は不詳ながら、寛延年間(1748-1751)に創建した大岱稲荷神社の別当寺だったといいます。明治維新後に無住だったことから廃寺となっています。

新編武蔵風土記稿による大泉寺の縁起

(入間郡大岱村)稲荷社
別當大泉寺。曹洞宗、多磨郡青梅村金剛寺末、稲荷山と號す、薬師を本尊とす。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

大泉寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿