常久寺|府中市若松町にある真言宗豊山派寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

常久寺|常久八幡神社のもと別当

常久寺の概要

真言宗豊山派寺院の常久寺は、神護山と号します。常久寺の創建年代は不詳ながら、江戸期には常久八幡神社の側にあり、常久八幡神社の別当を勤めていたといいます。

常久寺
常久寺の概要
山号 神護山
院号 -
寺号 常久寺
本尊 不動明王像
住所 府中市若松町5-11-1
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



常久寺の縁起

常久寺の創建年代は不詳ながら、江戸期には常久八幡神社の側にあり、常久八幡神社の別当を勤めていたといいます。

新編武蔵風土記稿による常久寺の縁起

(常久村)
八幡社別當常久寺
社の側にあり、門は街道に臨めり、神護山と號す、新義真言、府中宿妙光院末、客殿五間に六間、本尊不動木の坐像長二尺許、開山開基を詳にせず、社地の外芝地四段八畝、當院持。(新編武蔵風土記稿より)


常久寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿