大久保稲荷神社|八王子市下恩方町の神社

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

大久保稲荷神社|小名大久保の鎮守

大久保稲荷神社の概要

大久保稲荷神社は、八王子市下恩方町にある神社です。大久保稲荷神社は、享保11年(1726)に創建、下恩方村小名大久保の鎮守として祀られていたといいます。

大久保稲荷神社
大久保稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 稲倉魂命
相殿 -
境内社 -
住所 八王子市下恩方町3161
祭日 2月初午日
備考 -



大久保稲荷神社の由緒

大久保稲荷神社は、享保11年(1726)に創建、下恩方村小名大久保の鎮守として祀られていたといいます。

新編武蔵風土記稿による大久保稲荷神社の由緒

(下恩方村)稲荷社
除地、一段一畝九歩、大久保にあり、則その所の鎮守なり、小社にして上家を立つ、拝殿四間に二間、神體は立身にて長七寸、入口に木鳥居一基あり、例祭二月初午、浄福寺持、(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による大久保稲荷神社の由緒

享保十一年(一七二六)九月に創建された。文化八年(一八一一)六月九日正一位の神位を受けたとの伝承がある。(東京都神社名鑑より)


大久保稲荷神社の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑