猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

長房山東照寺|八王子市長房町にある曹洞宗寺院

東照寺の概要

曹洞宗寺院の東照寺は、長房山と号します。東照寺は、高乗寺二世陽室慧暾を勧請開山として空海禅忠(氷正17年1520年寂)が創建したといいます。昭和2年の多摩御陵造営に際して小名柳臥より当地へ移転しています。

東照寺
東照寺の概要
山号 長房山
院号 -
寺号 東照寺
住所 八王子市長房町1267
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



東照寺の縁起

東照寺は、高乗寺二世陽室慧暾を勧請開山として空海禅忠(氷正17年1520年寂)が創建したといいます。昭和2年の多摩御陵造営に際して小名柳臥より当地へ移転しています。

新編武蔵風土記稿による東照寺の縁起

(下長房村)東照寺
除地、四段四畝八歩、小名柳臥にあり、禅宗曹洞派、上椚田村高乗寺の末、長房山と號す、開山詳ならず、本尊十一面観音、木の立像長二尺五寸許、本堂五間に七間、南向なり。(新編武蔵風土記稿より)

「八王子市史」による東照寺の縁起

東照寺(下長房村―長房町一、二六七)
高乗寺末に属し、長房山と号する。前述の開山通庵浩達の弟子で氷正一七年(一五二〇)二月一八日示寂した空海禅忠の草創、開山には高乗寺第二世の陽室慧暾を推してある。江戸時代除地四反四畝八歩、小名柳臥にあったが、多摩御陵の治定により昭和二年三月現地に移された。境内地は大正天皇・貞明皇后の御陵およびその附近に相当している。中興は第三十六世道学保元の代である。(八王子市史より)


東照寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 八王子市史