大泉院|青梅市成木にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

龍鐘山大泉院|青梅市成木にある曹洞宗寺院

大泉院の概要

曹洞宗寺院の大泉院は、龍鐘山と号します。大泉院は、白井又兵衛が開基となり、海禅寺八世海雲良鯨(元和3年1617年寂)が開山したといいます。

大泉院
大泉院の概要
山号 龍鐘山
院号 大泉院
寺号 -
住所 青梅市成木8-1067
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



大泉院の縁起

大泉院は、白井又兵衛が開基となり、海禅寺八世海雲良鯨(元和3年1617年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による大泉院の縁起

(北小曾木村)
大泉院
除地畑六畝二十三歩、境内十五間四方、これも曹洞宗にて、同寺の末(郡内二又尾村海禅寺の末)、龍鐘山と號す、客殿四間に三間半東向、本尊十一面観音木の立像長一尺三寸なるを客殿に安す、開山良雲元和三年に寂す。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による大泉院の縁起

大泉院(竜鐘山) 
北小曾木(現・成木八丁目)白岩にあり、本尊は十一両観音菩薩である。開基は白井又兵衛と伝え、開山は海禅寺八世海雲良鯨で元和三年(一六一七) の示寂である。本堂は昭和の再建である。(「青梅市史」より)


大泉院の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」