常福寺|西多摩郡日の出町平井にある真言宗豊山派寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

月向山常福寺|多摩八十八ヶ所霊場56番

常福寺の概要

真言宗豊山派寺院の常福寺は、月向山蓮華院と号します。常福寺は、森田将監祥昌(月光院玉叟道金居土)が開基となり、当山派修験円秀(天正12年1584年寂)が創建したといいます。江戸期には平井春日神社の別当を務めていました。多摩八十八ヶ所霊場56番です。

常福寺
常福寺の概要
山号 月向山
院号 蓮華院
寺号 常福寺
住所 西多摩郡日の出町平井3637
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



常福寺の縁起

常福寺は、森田将監祥昌(月光院玉叟道金居土)が開基となり、当山派修験円秀(天正12年1584年寂)が創建したといいます。江戸期には平井春日神社の別当を務めていました。

新編武蔵風土記稿による常福寺の縁起

(平井村)
常福寺
除地、二段二畝、小名仙石にあり、新義眞言宗、同郡大久野村西福寺の末、月光山蓮華院と號す、開山圓秀天正十二年七月朔日示寂す、開基は森田将監某なるもの、是も天正年間の人にて、今もその子孫森田を氏とせる百姓七郎右衛門村中に住せり、本尊不動木の坐像長一尺八寸なり、作しれず、客殿は五間に八間南向なり、
寶物
不動一軀。木の坐像長一寸五分、弘法大師の作、
弘法大師書一幅。文に歩大空位成身秘密、
地蔵堂。九尺四方、門を入て左の方にあり、本尊地蔵銅の立像長二尺八寸許、作知れず、(新編武蔵風土記稿より)

「日の出町史」による常福寺の縁起

宮本の常福寺は山院号を月光山蓮華院といい、当山派修験円秀により中世末に創建されたという。開基は森田将監祥昌で、山号は祥昌の法号、月光院玉叟道金居土からつけたと伝えられる。その後、僧義殿により中興された。本尊の木造不動三尊像は江戸初期の作と推定される。ほかに秘仏として歓喜天像が租られている。平井村鎮守の春日社の別当寺でもあった(「日の出町史」より)


いいお墓

常福寺所蔵の文化財

  • 宝篋印塔(日の出町指定文化財)

宝篋印塔

高さ地上約五・四メートル文政元年八月建立、塔の中に佛舎利その他経文が収蔵されている。(日の出町教育委員会掲示より)

常福寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「日の出町史」