祥雲寺|西多摩郡日の出町平井にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

龍頭山祥雲寺|西多摩郡日の出町平井にある曹洞宗寺院

祥雲寺の概要

曹洞宗寺院の祥雲寺は、龍頭山と号します。祥雲寺は、寶光寺二世顧山明鑑(永禄11年1568年寂)が開山となり、天文21年(1552)に創建したといいます。

祥雲寺
祥雲寺の概要
山号 龍頭山
院号 -
寺号 祥雲寺
住所 西多摩郡日の出町平井4039
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



祥雲寺の縁起

祥雲寺は、寶光寺二世顧山明鑑(永禄11年1568年寂)が開山となり、天文21年(1552)に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による祥雲寺の縁起

(平井村)
祥雲寺
除地、一段六畝、小名谷の入にあり、龍頭山と號す、古は大林山と唱へしと云、開山は寶光寺第二世顧山明鑑永禄十一年正月六日寂す、客殿七間に五間半にて南向なり、(新編武蔵風土記稿より)

「日の出町史」による祥雲寺の縁起

平井村に存在する宝光寺の末寺七か寺のうち、最も古いとみられるのが谷ノ入の祥雲寺である。この寺は山号を龍頭山といい、宝光寺二世、顧山明鑑を開山に迎え、天文二十一年(一五五二)に創建されたという。寛文七年(一六六七)の検地では「昌雲寺々中」として一反六畝が免除されている。本尊、木造地蔵菩薩半伽像は室町期の作と推定される。脇侍として掌善・掌悪童子を従えているのもめずらしい。(「日の出町史」より)


いいお墓

祥雲寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「日の出町史」