猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

三佛寺。横浜市旭区本村町にある浄土宗寺院

三佛寺の概要

浄土宗寺院の三佛寺は、鶴峰山即相院と号します。三佛寺は、宅間治部少輔親富(元和7年1621年寂)が開基となり創建したといいます。旧小机領三十三所子歳観音霊場28番です。

三佛寺
三佛寺の概要
山号 鶴峰山
院号 即相院
寺号 三佛寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 横浜市旭区本村町76
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



三佛寺の縁起

三佛寺は、旗本宅間治部少輔親富(元和7年1621年寂)が開基となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による三佛寺の縁起

(二俣川村)三佛寺
除地、二段、村の中央よりすこしく北に當りてあり、下膳部の北なり、浄土宗、瀧山大善寺末、峯鶴山則相院と號す、開基は地頭宅間治部少輔親富と云、元和七年正月十六日卒せり、客殿八間に六間巽に向へり、本尊は三尊の彌陀、木の立像長二尺ばかり、其餘立像の地蔵これも長三尺餘なり、いづれも聖徳太子の作らせ給ふ像なりと云。
鍾樓。客殿に向て右にあり、九尺四方なり、鐘は寶暦十一年に鑄しものなり。
観音堂。客殿に向て左の方にあり、三間四方、観音は木の立像にて、長一尺、これも聖徳太子の作りたまひしものなりと云傳ふ。(新編武蔵風土記稿より)


三佛寺の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿