猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

専念寺。横浜市港北区新羽町にある浄土宗寺院

専念寺の概要

浄土宗寺院の専念寺は、亀甲山と号します。専念寺は、村民良太郎の先祖清太郎が慶長6年(1601)開基となり、耕公(慶長17年1612年寂)が開山したといいます。旧小机領三十三所子歳観音霊場16番です。

専念寺
専念寺の概要
山号 亀甲山
院号 -
寺号 専念寺
住所 横浜市港北区新羽町1578
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



専念寺の縁起

専念寺は、村民良太郎の先祖清太郎が慶長6年(1601)開基となり、耕公(慶長17年1612年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による専念寺の縁起

(新羽村)
小名亀山。村の南にあり、村内専念寺、元は此所にありと云、故に彼等を亀甲山と號せり。
(新羽村)専念寺
除地、三段五畝十歩、村の中央にあり、浄土宗、橘樹郡小机村泉谷寺末、亀甲山と稱す、當寺も村内の字亀山と云所にありしを、此所へひきしことは前にもいへり、客殿七間に六間半巽向なり、本地木の立像にて長八寸許、慈覺大師の作なりと云り、開山は耕公慶長十年七月十四日寂す、村民良太郎と云者の先祖に清太郎と云あり、彼が慶長六年開基せしなりと云。
観音堂。門を入て左にあり、三間四方、正観音は木の立像長一尺餘。
稲荷社。客殿に向て左にあり、一間四方。(新編武蔵風土記稿より)


専念寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿