猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

泉谷寺。横浜市港北区小机町にある浄土宗寺院

泉谷寺の概要

浄土宗寺院の泉谷寺は、松亀山本覺院と号します。泉谷寺は、元享年間(1321-24)の頃に本覚院として創建、二宮織部正が開基となり、父の菩提のため、見譽上人を招いて大永3年(1523)開山、泉谷寺と称したといいます。見譽上人は、飯沼弘経寺住職ともなった高徳の僧侶だといいます。寛永19年(1642)には江戸幕府より寺領15石の御朱印状を拝領、近隣に数多くの末寺を擁する中本寺格の寺院です。旧小机領三十三所子歳観音霊場初番です。

泉谷寺
泉谷寺の概要
山号 松亀山
院号 本覺院
寺号 泉谷寺
住所 横浜市港北区小机町256
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 小机幼稚園



泉谷寺の縁起

泉谷寺は、元享年間(1321-24)の頃に本覚院として創建、二宮織部正が開基となり、父の菩提のため、見譽上人を招いて大永3年(1523)開山、泉谷寺と称したといいます。見譽上人は、飯沼弘経寺住職ともなった高徳の僧侶だといいます。寛永19年(1642)には江戸幕府より寺領15石の御朱印状を拝領、近隣に数多くの末寺を擁する中本寺格の寺院です。

新編武蔵風土記稿による泉谷寺の縁起

(小机村)泉谷寺
村の西南字泉谷にあり、浄土宗京都知恩院末山なり、松亀山本覺院と號す、寛永十九年六月十八日寺領十五石の御朱印を賜ひしより、今にかはらずと云、されど其文によれば先規の如く寄附せられしよしを載す。もとより古き寺院にて、開山見譽は弘治二年八月二日寂せり、開基は二ノ宮織部正と云人なりと村の記録にあり、寺にては大永三年北條氏綱の開基といへり、氏綱の朱印もありしが火災にかかりて失せり。見譽は高徳の人にて、後奈良院の勅によりて飯沼の弘経寺へ轉せり。三代目看譽鎌倉光明寺へ移住せり、元和八年正月七日火災に什物舊記皆失せり。此寺郡界に跨りて、庫裡の方は都筑郡に属し、本堂の方は橘樹郡なり、故に寺にては都筑郡に屬すともいへり。
鐘門。門を入て左の方にあり、二間四方銘文あり、左の如し。(銘文省略)
八幡社。門を入て左にあり、境内の鎮守なり二間に二間半の社なり、神體は木にて刻めり長五寸許、辨天及び稲荷を相殿とす、前に鳥居を立、兩柱の間五尺許。
観音堂。是も同邊にあり、三間四方木の立像なり長二尺餘、慈覺大師作なりと云。
地蔵堂。是も同邊にあり、石地蔵三尺ばかりなるを安ず、わづかの小堂なり。
門。西に向ひてたてり、右の方は高き地にして左の方は耕地なり、道の左右に松と櫻とを植たること數十株、花の頃に至れば風景甚よし、故に此門前を土人櫻大門と云、此門前そこはく行けば冠木門あり、前に石階十一級あり。
通用門。同じならび右の方にあり北へ向へり。(新編武蔵風土記稿より)


泉谷寺所蔵の文化財

  • 板絵著色山桜図

板絵著色山桜図

泉谷寺は、松亀山本覚院と号し、元享の頃(1321-24)草創の庵本覚院を、大永三年(1523)開基二宮織部正が父の菩提のため、見譽上人を招いて開山とし、地名によって泉谷寺としたと伝えられています。
第二十六世立譽了信上人の代(天保五年(1834)〜天保十一年(1840))に本堂内陣と下陣の間の杉戸に、左右4面づつ8面、山桜に小禽が画かれました。向かって左の図には「一立齋廣重畫」と署名し、下に「東海堂」と朱印されています。この杉戸は初代歌川広重の傑作であり、浮世絵史上稀に見る杉戸にえがく大作です。
杉戸絵は、山内の杉を使用して作った板で、上下2枚に別々に画き、中央の横桟のところで接続しています。板には、胡粉を塗布した上に、墨線を以って画き、それに彩色を施しています。(横浜市教育委員会文化財課・横浜国際観光協会掲示より)

泉谷寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿