猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

歓成院。横浜市港北区大倉山にある高野山真言宗寺院

歓成院の概要

高野山真言宗寺院の歓成院は、妙義山法華寺と号します。歓成院は、善通法印(永禄18年1567年寂)が創建したといいます。旧小机領三十三所子歳観音霊場12番、東国八十八ヵ所霊場23番です。

歓成院
歓成院の概要
山号 妙義山
院号 歓成院
寺号 法華寺
住所 横浜市港北区大倉山2-8-7
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 大倉山観音会館
備考 大倉山アソカ幼稚園



歓成院の縁起

歓成院は、善通法印(永禄18年1567年寂)が創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による歓成院の縁起

(太尾村)歓成院
村の中央より少く東北の方によりてあり、土人是を中の寺と呼ぶ、古義真言宗にて鳥山村三會寺末、妙義山法華寺と稱す、開山善通が草創すと云、永禄十年八月晦日寂す、本堂七間に六間餘坤に向ふ、本尊不動の木像を安ず立像にて長二尺。
鐘楼。門を入て右の方にあり、一間四方、鐘の徑り二尺五寸、寶歴四年甲戌十月二十七日鑄治せしものなり。
荒神疱瘡神合社。本堂の後の山にあり小祠西に向ふ、荒神の像は長六寸許立像にて普通の姿なり、疱瘡神は神體なし。
天神社。鐘楼の南にあり。神體木の坐像にて長六寸許。(新編武蔵風土記稿より)


歓成院の周辺図

参考資料