猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

観音寺。横浜市都筑区東山田にある天台宗寺院

観音寺の概要

天台宗寺院の観音寺は、諏訪山と号します。観音寺は、僧安然が貞観年間(624-649)に開基したといいます。準西国稲毛三十三観世音霊場13番です。

観音寺
観音寺の概要
山号 諏訪山
院号 -
寺号 観音寺
住所 横浜市都筑区東山田4-32-30
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



観音寺の縁起

観音寺は、僧安然が貞観年間(624-649)に開基したといいます。

新編武蔵風土記稿による観音寺の縁起

(山田村)観音寺
除地、一段歩許、字徳持谷にあり、多磨郡深大寺村深大寺末、諏訪山と稱す、開山は僧安然にて貞観年中に開基せりと、本尊正観音立像にて長七八寸ばかり、客殿六間に七間半巽に向ふ、前に石階あり、境内山の裾に六尺四方許の穴あり、ここを入ること三間許にして又岩穴あり、二丁許を入る、其處は四坪ばかりが間清水たたへりとぞ、墓所に斷碑四枚あり、内に建武四年としるすもの一枚、餘は漫滅して定かによむべからず。(新編武蔵風土記稿より)


観音寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿