田町厳島神社跡。川崎市川崎区田町の神社

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

田町厳島神社跡。浜の稲荷

田町厳島神社跡の概要

田町厳島神社跡は、川崎市川崎区田町にある厳島神社跡です。田町厳島神社の創建年代等は不詳ながら、旧別当寺の法榮寺との関係が深く、明治維新後の神仏分離により神像は法榮寺内に安置し、祭礼では法榮寺より町内を一巡し、念仏を唱え法榮寺に戻っていたといいます。

田町厳島神社跡
厳島神社跡の概要
社号 -
祭神 -
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 川崎市川崎区田町3-11-1小島新田公園
備考 -



田町厳島神社の由緒

田町厳島神社の創建年代等は不詳ながら、旧別当寺の法榮寺との関係が深く、明治維新後の神仏分離により神像は法榮寺内に安置し、祭礼では法榮寺より町内を一巡し、念仏を唱え法榮寺に戻っていたといいます。

新編武蔵風土記稿による田町厳島神社の由緒

(稲荷新田)
辨天社
是も同邊(村の東へよりてある道祖神社付近)にあり、五尺に四尺、法榮寺持、(新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による田町厳島神社の由緒

創立年月不詳。旧御神体たる神像は伝教大師の作と伝えるが、現在もとの別当寺であった法栄寺に安置する。年々古例により旧正月十一日の祭典執行時、氏子長老達捉まり前記神像を、法栄寺より町内一巡の後、神前に至って念仏を唱え寺に帰るを慣例としている。(神奈川県神社誌より)


田町厳島神社跡の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿

関連ページ