猫の足あとによる北区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

旧古河庭園|北区西ヶ原の名所旧跡、武蔵千葉氏の居城

旧古河庭園の概要

旧古河庭園は、北区西ヶ原にある名所旧跡です。旧古河庭園は、もと陸奥宗光の別邸地が、宗光の次男が古河家に養子となった際に古河家の用地となり、英国人ジョサイア・コンドル博士が大正6年に洋館を竣功、庭園は京都の庭師植治(小川治兵衛)が作庭したといいます。平成18年国の名勝に指定されています。

旧古河庭園
旧古河庭園の概要
名称 旧古河庭園
みどころ 洋館・庭園
区分 国名勝
住所 北区西ヶ原1-27-39
備考 開園時間:9時から17時まで
入園料:一般150円、65歳以上70円




旧古河庭園

旧古河庭園は、もと陸奥宗光の別邸地が、宗光の次男が古河家に養子となった際に古河家の用地となり、英国人ジョサイア・コンドル博士が大正6年に洋館を竣功、庭園は京都の庭師植治(小川治兵衛)が作庭したといいます。平成18年国の名勝に指定されています。

境内掲示による旧古河庭園について

旧古河庭園
この庭園(面積30,780㎡)は、英国風古典様式の本館を中心として、その前庭の欧風花壇及び池回遊式日本庭園よりなっております。
もと古河氏の所有でありましたが、昭和30年4月、東京都の管理するところとなりました。
本館及び前庭欧風花壇は、英国人ジョサイア・コンドル博士の設計によって、大正六年竣功したもので、また心字池を中心とする池泉回遊式日本庭園は、京都の庭師植治の作庭によるものでありますが、ともに和洋の様式が調和した稀にみる設計というべく、その文化財としての価値もまた大なるものがありますので、これを永く保存すると共に一般に公開するものです。
本園は平成18年1月26日に国の名勝に指定されました。(東京都掲示より)


旧古河庭園の周辺図


参考資料
  • 新編武蔵風土記稿