猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

甘酒稲荷神社|大田区大森北の神社

甘酒稲荷神社の概要

甘酒稲荷神社は大田区大森北にある神社です。甘酒稲荷神社の創建年代は不詳ですが、かつて(武蔵国荏原郡不入斗村内川耕地貝塚)稲生社と称し、嘉永5年(1852)に再建されたといいます。咳の病に霊験があると言われ、平癒した後に甘酒を奉納されていたことから、甘酒稲荷と称されるようになったといいます。

甘酒稲荷神社
甘酒稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 蒼稲魂命
相殿 -
境内社 -
祭日 例祭日2月初午日
住所 大田区大森北6-15-3
備考 -



甘酒稲荷神社の由緒

甘酒稲荷神社の創建年代は不詳ですが、かつて(武蔵国荏原郡不入斗村内川耕地貝塚)稲生社と称し、嘉永5年(1852)に再建されたといいます。咳の病に霊験があると言われ、平癒した後に甘酒を奉納されていたことから、甘酒稲荷と称されるようになったといいます。

「大田区の神社」による甘酒稲荷神社の由緒

旧昔は武蔵国荏原郡不入斗村内川耕地貝塚稲荷社と称し嘉永5年(1852)3月頃、沢田町に再建せられたる由、由来は極めて古く往時病める幼児平癒を祈願するとき、咳の神として崇められ、遠近より参詣者く、次第に世に知られ、其報寶に甘酒を献じたるものにして後に甘酒稲荷と称せられた。(「大田区の神社」より)


甘酒稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る


本日休館