猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

大森八幡神社|大田区大森中の神社

大森八幡神社の概要

大森八幡神社は大田区大森中にある神社です。大森八幡神社の創建年代は不詳ですが、建武年間(1334-1336)の創建と伝えられます。江戸時代には、北大森村、西大森村の鎮守社であったといい、明治維新後村社に列格していました。

大森八幡神社
大森八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 品陀和気命
相殿 -
境内社 火伏稲荷
祭日 例祭日10月6日
住所 大田区大森中3-3-8
備考 -



大森八幡神社の由緒

大森八幡神社の創建年代は不詳ですが、建武年間(1334-1336)の創建と伝えられます。江戸時代には、北大森村、西大森村の鎮守社であったといい、明治維新後村社に列格していました。

新編武蔵風土記稿による大森八幡神社の由緒

(東大森村・西大森村・北大森村)八幡社
除地一段三畝二十六歩、北大森村の内南の方へよりてあり、北大森及西大森二村の鎮守なり、本社は破壊していまだ造営に及ばず、拝殿四間に二間、前に鳥居をたつ、勧請の年歴はつまびらかならず。
末社稲荷社。(新編武蔵風土記稿より)

「大田区の神社」による大森八幡神社の由緒

建武年間(1334-1336)の創建と伝えられているが、明らかでない。
江戸時代には北大森村、西大森村二ヵ村の総鎮守であった。(「大田区の神社」より)


大森八幡神社の周辺図


大きな地図で見る


本日休館