猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内 猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

源正寺|世田谷区北烏山にある浄土真宗本願寺派寺院

源正寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の源正寺は、弥勒山と号します。源正寺は、築地本願寺の寺中に創建、関東大震災に罹災後、当地へ移転したといいます。

源正寺
源正寺の概要
山号 弥勒山
院号 -
寺号 源正寺
住所 世田谷区北烏山4-14-1
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



源正寺の縁起

源正寺は、築地本願寺の寺中に創建、関東大震災に罹災後、当地へ移転したといいます。

初めは築地本願寺中に建てられた。
寺の中に入るとすぐ、大きな天水桶が対になっておかれ 「寄進田中氏」「寄進太田氏」と銘が大きくえがかれているのがめだつ。
これは、江戸時代に釜六、釜七といわれた両氏が鋳造したもの、鋳造研究家にとって極めて貴重な文化財となっている。「寄進太田氏」の銘のある天水桶は、天保4年(1833)のものである。田中氏は近江の国に生まれ、太田氏とともに江戸にでて、釜七衛門と称した。(せたがや社寺と史跡より)


源正寺の周辺図


大きな地図で見る