猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内 猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

松泉寺|渋谷区恵比寿南にある臨済宗妙心寺派寺院

松泉寺の概要

臨済宗妙心寺派寺院の松泉寺は、龍徳山と号します。松泉寺は、京都龍安寺塔頭靈光院の僧特英が高陽山霊光院と号して慶長年間(1596-1615)赤坂一ツ木に創建、宝永6年(1709)龍徳山松泉寺と改号、明治33年当地へ移転したといいます。

松泉寺
松泉寺の概要
山号 龍徳山
院号 -
寺号 松泉寺
住所 渋谷区恵比寿南2-18-1
宗派 臨済宗妙心寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



松泉寺の縁起

松泉寺は、京都龍安寺塔頭靈光院の僧特英が高陽山霊光院と号して慶長年間(1596-1615)赤坂一ツ木に創建、宝永6年(1709)龍徳山松泉寺と改号、明治33年当地へ移転したといいます。

「渋谷区史」による松泉寺の縁起

松泉寺(向山町八二番地)
臨済宗、妙心寺末。はじめ赤坂一つ木にあり、慶長年間京都龍安寺塔頭靈光院の僧特英の建立にかかり、はじめ高陽山霊光院という。元禄八年同所新町に移り、寳永六年九月龍徳山松泉寺と改称した。本尊釈迦如来。明治三十三年下澁谷村に移る。即ち現在の場所である。その後荒廃していたのを、森無隠が、大正十二年に再興改築した。境内五百坪。(「渋谷区史」より)

松泉寺の周辺図