猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

筑土八幡神社|新宿区筑土八幡町の神社

筑土八幡神社の概要

筑土八幡神社は、新宿区筑土八幡町にある八幡神社です。筑土八幡神社の創建年代は不詳ですが、嵯峨天皇の代(今から約千二百年前)武蔵国豊島郡牛込の里に住んでいた翁がご神託により松の樹を祀ったことにはじまると伝えられ、その後、伝教大師が筑紫の宇佐の宮土をもとめて礎とし神像を彫刻して祠に祀ったことから筑土八幡と名づけられたといいます。

筑土八幡神社
筑土八幡神社の概要
社号 筑土八幡神社
祭神 応神天皇、神功皇后、仲哀天皇
相殿 -
境内社 宮比神社
住所 新宿区筑土八幡町2-1
祭日 例大祭 9月15日
備考 -



筑土八幡神社の由緒

筑土八幡神社の創建年代は不詳ですが、嵯峨天皇の代(今から約千二百年前)武蔵国豊島郡牛込の里に住んでいた翁がご神託により松の樹を祀ったことにはじまると伝えられ、その後、伝教大師(或いは慈覚大師か)が筑紫の宇佐の宮土をもとめて礎とし神像を彫刻して祠に祀ったことから筑土八幡と名づけられたといいます。

境内掲示による筑土八幡神社の由緒

筑土八幡神社
昔、嵯峨天皇の御代(今から約千二百年前)に武蔵国豊島郡牛込の里に大変熱心に八幡神社を信仰する翁がいた。ある時、翁の夢の中に神霊が現われて、「われ、汝が信心に感じ跡をたれん。」と言われたので、翁は不思議に思って、目をさますとすぐに身を清めて拝もうと井戸のそばへ行ったところ、かたわらの一本の松の樹の上に細長い旗のような美しい雲がたなびいて、雲の中から白鳩が現われて松の梢にとまった。翁はこのことを里人に語り神霊の現われたもうたことを知り、すぐに注連縄をゆいまわして、その松を祀った。
その後、伝教大師がこの地を訪れた時、この由を聞いて、神像を彫刻して祠に祀った。その時に筑紫の宇佐の宮土をもとめて礎としたので、筑土八幡神社と名づけた。
さらにその後、文明年間(今から約五百年前)に江戸の開拓にあたった上杉朝興が社壇を修飾して、この地の産土神とし、また江戸鎮護の神と仰いだ。
現在、境内地は約二千二百平方米あり、昭和二十年の戦災で焼失した社殿も、昭和三十八年氏子の人々が浄財を集めて、熊谷組によって再建され、筑土八幡町、津久戸町、東五軒町、新小川町、下宮比町、揚場町、神楽河岸、神楽坂四丁目、神楽坂五丁目、白銀町、袋町、岩戸町の産土神として人々の尊崇を集めている。(境内掲示より)

「牛込區史」による筑土八幡神社の由緒

傳へていふ、嵯峨天皇の御代に牛込に一人の翁があった。八幡を信仰するとと人に越えてゐた。或夜の夢に神霊が顯れて、汝の信心に感じて此の里に跡を垂れんと宣うたので、翁は夢がさめると、直ぐ身を清めて拝まうと、井の傍へ行ったととろが、一本の松の上に幡のやうに棚引いた雲の中より白鳩が現はれて棺に宿った。翁は里人に靈夢の次第をかたり、俄に瑞籬注連をゆひまはして松の樹を祭った。慈覺大師が關東に来た時、この由を聞いて聞いて一宇の祠を建てたが、傳教大師は一刀三禮にして神像を彫刻し、これを祠内に勧請し奉つた。其時筑紫の宇佐の宮土をもとめて礎を固めたので筑土の神社と名付けた。これが筑土八幡の起立である。(『文政寺社書上』)後、文明年中に至つて、上杉朝興が社壇を修飾して此地の産土神とした。此地は元管領上杉氏の壘の址だともいひ傳へる。舊時、社地六千よん百餘坪、拝領地内に門前町屋が有つた。(「牛込區史」より)

東京都神社名鑑による筑土八幡神社の由緒

嵯峨天皇の御代に武蔵国豊嶋郡牛込の里に、たいへん熱心に八幡神を信仰する翁がいた。ある時、翁の夢の中に神霊が現われて、「われ、汝が信心に感じ跡をたれん」といわれたので、翁は不思議に思って、目をさますと、すぐに身を清めて拝もうと井戸のそばに行ったところ、かたわらの一本の松の樹の上に、細長い旗のような美しい雲がたなびいて、雲の中から白鳩が現われて松の梢にとまった。翁はこのことを里人に語り、神霊の現われ給うことを知り、すぐに注連縄をゆいまわして、その松を祀った。その後、伝教大師がこの地を訪れた時、この由を聞いて、神像を彫刻して祠に祀った。その時に、筑紫の宇佐の宮土をもとめて礎としたので、筑土八幡神社と名づけた。さらにその後、文明年間(一四六九-八七)に江戸の開拓にあたった上杉朝興が社壇を修飾して、この地の産土神とし、また江戸鎮護の神と仰いだ。(東京都神社名鑑より)

境内掲示による境内社宮比神社の由緒

御祭神は宮比神で大宮売命、天細女命ともいわれる。古くから下宮比町一番地の旗本屋敷にあったもので、明治四十年に現在地に遷座した。現在の社殿は戦災で焼失したものを飯田橋自治会が昭和三十七年に再建したものである。(境内掲示より)


筑土八幡神社の周辺図