猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

正應寺|新宿区愛住町にある真宗大谷派寺院

正應寺の概要

真宗大谷派寺院の正應寺は、四谷山と号します。正應寺は、正応3年(1290)三河国に天台宗寺院として創建したと伝えられます。権律師浄専(代々木高綱の末孫、寛文9年1669年寂)の代に徳川家康に従い、慶長11年(1606)麹町清水谷に移転、浄土真宗に宗旨を改めたといいます。

正應寺
正應寺の概要
山号 四谷山
院号 -
寺号 正應寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 新宿区愛住町10-1
宗派 真宗大谷派
葬儀・墓地 -
備考 -



正應寺の縁起

正應寺は、正応3年(1290)三河国に天台宗寺院として創建したと伝えられます。権律師浄専(代々木高綱の末孫、寛文9年1669年寂)の代に徳川家康に従い江戸へ出府、慶長11年(1606)麹町清水谷に移転、浄土真宗に宗旨を改めたといいます。

「四谷區史」による正應寺の縁起

四谷山正應寺は四谷北寺町今の愛住町にあつて、東本願寺末の眞宗である。四谷所在の寺院に四谷山の山號は如何にも物々しいが、書上には「山號謂不相知」と見える。境内拝領地は六百六十一坪餘を數へた。慶長十一年丙午麹町清水谷に草創した寺で、寛永十一年甲戌北寺町に替地を得て轉じた。開山は権律師浄専、寛文九年乙酉六月廿日九十二歳で示寂した。(「四谷區史」より)


正應寺の周辺図