猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

全長寺|新宿区愛住町にある曹洞宗寺院

全長寺の概要

曹洞宗寺院の全長寺は、泰翁山と号します。全長寺は、本山全勝寺3世鈞巌覺鯢和尚(寛永16年1639年寂)が、慶長7年(1602)麹町1丁目に創建、外堀建造に伴い寛永11年(1624)当地へ移転したといいます。

全長寺
全長寺の概要
山号 泰翁山
院号 -
寺号 全長寺
住所 新宿区愛住町20
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -





全長寺の縁起

全長寺は、本山全勝寺3世鈞巌覺鯢和尚(寛永16年1639年寂)が、慶長7年(1602)麹町1丁目に創建、外堀建造に伴い寛永11年(1624)当地へ移転したといいます。

「四谷區史」による全長寺の縁起

泰翁山全長寺は四谷傳馬町全勝寺末の曹洞宗で、北寺町今の愛住町に在る。境内拝領地千八百六拾八坪餘である。慶長七年壬寅の草創で先地は麹町一丁目に在つたが、寛永十一年甲戌十二月替地を得て四谷に移つた。開山は鈞巌覺鯢和尚、寛永十六年卯三月廿一日示寂した、本寺全勝寺三代目の住僧であつた。(「四谷區史」より)

全長寺の周辺図