猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

理性寺|杉並区永福にある法華宗陣門流寺院

理性寺の概要

法華宗陣門流の理性寺は、法真山と号します。理性寺は、承応3年(1654)、大久保越中守忠辰・甚兵衛尉忠陰兄弟が両親の父荒之助忠富(法眞院日堯)母久世氏(理性院日然)のため、久世氏より土地を譲り受けて内藤新宿に創建したといいます。大正3年に当地へ移転しました。当寺の大黒天は、寛政6年(1794)御殿医木村検校により奉納されたもので「火伏せの大黒天」と呼ばれたといいます。

理性寺
理性寺の概要
山号 法真山
院号 -
寺号 理性寺
住所 杉並区永福3-56-29
本尊 十界諸尊の曼荼羅
宗派 法華宗陣門流
葬儀・墓地 -
備考 火伏せの大黒天



理性寺の縁起

理性寺は、承応3年(1654)、大久保越中守忠辰・甚兵衛尉忠陰兄弟が両親の父荒之助忠富(法眞院日堯)母久世氏(理性院日然)のため、久世氏より土地を譲り受けて内藤新宿に創建したといいます。大正3年に当地へ移転しました。当寺の大黒天は、寛政6年(1794)御殿医木村検校により奉納されたもので「火伏せの大黒天」と呼ばれたといいます。

杉並区教育委員会掲示による理性寺の縁起

当寺は、法華宗法真山理性寺といい、本尊は十界諸尊の曼荼羅です。
「御府内備考続編」によれば、当寺は承応3年(1654)、大久保越中守忠辰、忠陰兄弟が両親の忠当夫妻を開基として、その菩提のために創立したものです。
寺名は、夫妻の法名、法真院殿・理性院殿に因んで法真山理性寺としました。
創立にあたっては、内藤新宿四谷大木戸(現新宿区新宿1丁目付近)に、大久保家下屋敷の名義をもって草創し、後に老中久世大和守広之の許可により、境内地として使用することになったと伝えられています。
現在地に移転したのは大正3年です。
境内の左手には大黒殿があり、中には「火伏せの大黒天」と呼ばれる高さ役12cmの木彫りの小さな大黒天が安置されています。
この大黒天は、高祖日蓮の作と伝えられ、お経の「経」の字を形取っており、寛政6年(1794)御殿医木村検校によって奉納されたものといわれています。
「火伏せ」の由来については、当寺が新宿に在ったころ、近隣火災の折、大黒天が大団扇をもって現れ、類焼から守ったことによると言われております。
以後、火伏せの守り神として今も、甲子の日に「大黒天甲子祭」が行われています。
墓地には、戯作者伊庭可笑・幕府医官林恒斎・初代杵屋三五郎の墓等があります。(杉並区教育委員会掲示より)

「四谷區史」による理性寺の縁起

法眞山實成院理性寺、日蓮宗越後國蒲原郡本成寺の末で、四谷内藤宿に所在した。境内三千二百拾三坪は古跡並除地であつて、承應三甲午大久保越中守忠辰同甚兵衛尉忠陰兄弟が、父荒之助忠富母久世氏の爲に創立したのであるが、敷地は元内藤若狭守重賴の別墅の一部であつたのを、親戚の関係から久世氏が夙く譲受けてゐたのを此時寄附したのだと云ふ。
開山日充は寛文十二年七月二十四日を以て寂し、中興日恕は元禄十年壬午十月三日に遷化した。開基は大久保氏、荒之助忠富であつて法名法眞院日堯、元和十年甲子正月二日に卒し、其妻久世氏は三左衛門尉廣宜の娘で、延寶五年丁巳六月廿日を以て卒したが、法名を理性院日然と稱した。山號寺號は夫妻の謚號から出てゐる譯である。
鍾樓堂は寛保二年の冬十二月十五日類焼し、撞鐘も焼損して、「其後取立候助力も無御座、然處明和五子年施主御座候に付、寺社御奉行江奉願上候處願之通被仰付候」と書上に見えるが如く、暫く中絶してゐたのを明和中に再建した。「鍾樓堂、壹丈四方、鐘差渡壹尺七寸」とあるのが、再興のものであつた。
此寺には中年十年季の門前町屋があつて、寛延二年明和六年寛政十一年と年季毎に貸續いたことは門前地の條に記した如くである。(「四谷區史」より)


理性寺の周辺図