東光院|西多摩郡日の出町平井にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

瑠璃山東光院|西多摩郡日の出町平井にある曹洞宗寺院

東光院の概要

曹洞宗寺院の東光院は、瑠璃山と号します。東光院の創建年代等は不詳ながら、もとは天台宗の寺院だったものを、鸑州泉鷟(寛文5年1665年寂)が曹洞宗に改めて開山したといいます。

東光院
東光院の概要
山号 瑠璃山
院号 東光院
寺号 -
住所 西多摩郡日の出町平井3963
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



東光院の縁起

東光院の創建年代等は不詳ながら、もとは天台宗の寺院だったものを、鸑州泉鷟(寛文5年1665年寂)が曹洞宗に改めて開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による東光院の縁起

(平井村)
東光院
除地、一段二畝十八歩、字崖ノ上にあり、瑠璃山と號す、是も上と同宗にて同末(禅宗曹洞派、上平井寶光寺の末山)なり、下の二院並に同じ、開山詳ならず、本尊薬師木の坐像長九寸、此像に免田一段屬せりといへり、由来詳ならず、客殿八間半に四間半南向なり、(新編武蔵風土記稿より)

「日の出町史」による東光院の縁起

宮本の長光山東光寺と谷ノ入の瑠璃山東光院は、ともに境内に薬師堂を祀っていることと山寺号からみて、もとは天台系の寺院で、やはり鷲州泉鷲を開山に迎えて曹洞宗に改宗したと推定される。宝光寺八世、冷巌伝清を開山とする塩田の延命山宝樹寺も、山号からみて他宗からの改宗であろう。(「日の出町史」より)


いいお墓

東光院の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「日の出町史」