猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

功雲院|鳩寺、豊島区池袋にある曹洞宗寺院

功雲院の概要

曹洞宗寺院の功雲院は、鳩峰山と号します。功雲院は、朽木河内守の娘が開基、一松宗全和尚が開山となり慶長18年(1613)外桜田に創建、三田への移転を経て、明治43年(1910)当地へ移転したといいます。開基さまが病気の養生中に、鳩から「この薬を煎じてお茶の代わりに飲めば治る」というい夢を3晩続けて見たことから鳩寺と呼ばれるようになりました。明治43年(1910)当地へ移転しています。

功雲院
功雲院の概要
山号 鳩峰山
院号 功雲院
寺号 -
住所 豊島区池袋3-5-9
本尊 聖観世音菩薩
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 功雲院会館で一般の葬儀利用可能
備考 鳩寺



功雲院の縁起

功雲院は、朽木河内守の娘が開基、一松宗全和尚が開山となり慶長18年(1613)外桜田に創建、三田への移転を経て、明治43年(1910)当地へ移転したといいます。

「豊島の寺院」による功雲院の縁起

慶長18年(1613)創建、明治43年(1910)芝車町64から現在地へ移転。(「豊島の寺院」より)

「芝區誌」による功雲院の縁起

功雲院 車町六十四番地
寺號を鳩峰山と稱する。正保元年外櫻田に創建し、其後今の地に移つた。開山一松宗全和尚は慶安二年入寂。開基は朽木河内守の娘である。本寺は通稱を鳩寺と呼ぶが、それは鳩の供養の為めに建立されたのでもあらうか。西方二十三番厄除聖観世音菩薩を安置する。(「芝區誌」より)


功雲院の周辺図


大きな地図で見る