猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

正法院|豊島区西巣鴨にある天台宗寺院

正法院の概要

天台宗寺院の正法院は、慈雲山長栄寺と号します。正法院は、天平2年(730)行基により下谷に神仏習合寺院として創建されました。神仏分離令により下谷稲荷(現下谷神社)を分離し、その後当地に移転しました。

正法院
正法院の概要
山号 慈雲山
院号 正法院
寺号 長栄寺
住所 豊島区西巣鴨4-8-1
宗派 天台宗
本尊 聖観世音菩薩
葬儀・墓地 -
備考 旧下谷稲荷(現下谷神社)別当



正法院の縁起

正法院は、天平2年(730)行基により下谷に神仏習合寺院として創建されました。神仏分離令により下谷稲荷(現下谷神社)を分離し、その後当地に移転しました。

「豊島の寺院」による正法院の縁起

天平2年(730)行基菩薩により下谷の岡に神仏習合寺院として創立、寛永4年(1627)寛永寺創建のため、山王台下に移転。寛文8年(1668)の大火で類焼を免れたところから「火伏観音」として信仰を集める。元禄11年(1698)上野屏風坂に移転。元文2年(1737)車坂に移転。慶応4年(1868)神仏分離令により下谷稲荷(正法院稲荷)を分離。明治38年(1905)下谷区車坂町32より巣鴨村大字巣鴨字庚申塚450(現在地)に移転(「豊島の寺院」より)


正法院の周辺図


大きな地図で見る