東中山羽黒神社|船橋市東中山の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

東中山羽黒神社|船橋市東中山の神社

東中山羽黒神社の概要

東中山羽黒神社は、船橋市東中山にある神社です。東中山羽黒神社の創建年代等は不詳ながら、江戸時代末期の創建ではないかといいます。

東中山羽黒神社
東中山羽黒神社の概要
社号 羽黒神社
祭神 羽黒大神
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県船橋市東中山1-6-6
祭日 -
備考 -



東中山羽黒神社の由緒

東中山羽黒神社の創建年代等は不詳ながら、江戸時代末期の創建ではないかといいます。

千葉県神社名鑑による東中山羽黒神社の由緒

由緒不詳であるが、古来出羽三山の信仰が厚く、定期的な講社参りの風習もある。その縁により、江戸時代の末期頃の創建かと思われる。(千葉県神社名鑑より)

「船橋市史」による東中山羽黒神社の由緒

(二子村)
羽黒権現
前記水帳に見え、敷地は四畝二七歩であった。前記水帳に載せられた神社の後身の内、羽黒神社・熊野神羽黒権現社・妙見社は、明治四十年に王子神社に遷された後、社名を羽黒神社とした。その時、摩利支天社も合祀された。(「船橋市史」より)


東中山羽黒神社の周辺図