飯山満町神明神社|船橋市飯山満町の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

飯山満町神明神社|船橋市飯山満町の神社

飯山満町神明神社の概要

飯山満町神明神社は、船橋市飯山満町にある神社です。飯山満町神明神社は、延宝7年(1679)に勧請したといいます。

飯山満町神明神社
飯山満町神明神社の概要
社号 神明神社
祭神 天照大神
相殿 -
境内社 子安神社、天神社、三峰神社、大杉神社、琴平神社
住所 千葉県船橋市飯山満町1-639
祭日 10月18日
備考 神明幼稚園



飯山満町神明神社の由緒

飯山満町神明神社は、延宝7年(1679)に勧請したといいます。

千葉県神社名鑑による飯山満町神明神社の由緒

延宝七年八月創立。(千葉県神社名鑑より)

「船橋市史」による飯山満町神明神社の由緒

(下飯山満村)
神明神社
『県神明細』には「延宝七日年八月創立」とある。この創立年代は、近世以前の成立とみられる下飯山満村の産土社として考えた時、時代が下り過ぎている観もあるが、依拠資料が不詳の現時点では判断を下せない。(「船橋市史」より)

「千葉県千葉郡誌」による飯山満町神明神社の由緒

神明神社
二宮村下飯山満に鎮座す。天照大神を祀る。延寶七年の勧請にして、本殿方九尺、拝殿間口三間奥行二間。境内坪數六百三十坪、境内神社天神社、大杉神社、子安神社、琴平神社、氏子五十三戸あり。(「千葉県千葉郡誌」より)


飯山満町神明神社の周辺図