金杉神明社|船橋市金杉の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

金杉神明社|船橋市金杉の神社

金杉神明社の概要

金杉神明社は、船橋市金杉にある神社です。金杉神明社の創建年代等は不詳ながら、明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治41年に地区内の八坂神社・天照神社等五社を合祀しています。

金杉神明社
金杉神明社の概要
社号 神明社
祭神 天照皇大神
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県船橋市金杉2-4-1
祭日 例大祭10月18日
備考 -



金杉神明社の由緒

金杉神明社の創建年代等は不詳ながら、明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治41年に地区内の八坂神社・天照神社等五社を合祀しています。

千葉県神社名鑑による金杉神明社の由緒

創建などは不詳であるが、近年、地区内数カ所に散在していた石宮などを集めて現境内に祀る。(千葉県神社名鑑より)

「船橋市史」による金杉神明社の由緒

(金杉村)
神明神社
『県神明細』には由緒不詳とある。明治四十一年に八坂神社・天照神社等五社を合祀した。(「船橋市史」より)


金杉神明社の周辺図