光明寺|船橋市飯山満町にある真言宗豊山派寺院

猫の足あとによる千葉県寺社案内

補陀洛山光明寺|吉橋大師八十八所霊場、下総四郡八十八所霊場

光明寺の概要

船橋市飯山満町にある真言宗豊山派寺院の光明寺は、補陀洛山と号します。光明寺は、尊慶法印が文亀2年(1502)に創建したと伝えられます。吉橋大師八十八所霊場14・81番、下総四郡八十八所霊場14番です。

光明寺
光明寺の概要
山号 補陀洛山
院号 -
寺号 光明寺
住所 船橋市飯山満町3-1373
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



光明寺の縁起

光明寺は、尊慶法印が文亀2年(1502)に創建したと伝えられます。

「船橋市史」による光明寺の縁起

(上飯山満村)
光明寺
真言宗。『真言本末』に印旛郡宇那谷村(千葉市花見川区)大聖寺の末寺として載せられている。『県寺明細」には「文亀壬戌年六月創立、(中略)尊慶法印開基」云々とある。文亀二年(一五〇二) の創立だというのであるが、それを確認できる文献・遺物は知られていない。(「船橋市史」より)


「千葉縣千葉郡誌」による光明寺の縁起

光明寺
大聖寺末にして、阿彌陀如来を安置す。文亀二年六月創立、境内所有地六町八反三畝十歩、檀徒三百五十人あり。二宮村飯山満に在す。(「千葉縣千葉郡誌」より)

光明寺所蔵の文化財

  • 康永4年銘板碑(船橋市指定有形文化財)

光明寺の周辺図


参考資料

  • 船橋市史