行法寺|船橋市本町にある日蓮宗寺院

猫の足あとによる千葉県寺社案内

行法寺|船橋尋常小学校開校地

行法寺の概要

船橋市本町にある日蓮宗寺院の行法寺は、海善山と号します。行法寺の創建年代等は不詳ながら、当寺3世日誉が寛文5年(1665)に遷化していることから、戦国末期から江戸時代初期の創建ではないかと思われます。明治維新後に小学校制が施行された際、船橋尋常小学校が明治5年当地に開校しています。

行法寺
行法寺の概要
山号 海善山
院号 -
寺号 行法寺
住所 船橋市本町3-30-3
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



行法寺の縁起

行法寺の創建年代等は不詳ながら、当寺3世日誉が寛文5年(1665)に遷化していることから、戦国末期から江戸時代初期の創建ではないかと思われます。明治維新後に小学校制が施行された際、船橋尋常小学校が明治5年当地に開校しています。

「船橋市史」による行法寺の縁起

(九日市村)行法寺
日蓮宗。前記村鑑(寛政十二年「村鑑明細書上帳」)に本尊は両尊四菩薩とある。「船橋村書上帳」には法花経寺(法華経寺)末で、境内は二反二畝三歩とある。「法華本末」にも法華経寺の末寺として載せられている。(「船橋市史」より)

「日蓮宗寺院大鑑」による行法寺の縁起

寛文(1661~)年間以前の創立。親師法縁。17世幽玄院日浄が文政8圓、本山法華経寺に提出した明細書によると、創立年代不詳となっているが、3世日誉が寛文5年遷化となっているので、寛文以前の創立と思われる。また明治5年小学校制が施行されて間もなく、11月18日にこの寺で船橋尋常小学校が産声をあげたという歴史がある。(「日蓮宗寺院大鑑」より)


行法寺の周辺図