猫の足あとによる千葉県寺社案内

中山安房神社|市川市中山の神社

中山安房神社の概要

中山安房神社は、市川市中山にある神社です。中山安房神社の創建年代等は不詳ながら、『快元僧都記』天文6年(1537)についての記載に当社が記されているといいます(里見安房守義弘は天正6年1578年沒)。明治維新後の社格制定に際して村社に列格、明治42年妙見社を合祀、大正4年に大宮神社・山王神社を合祀し、当地に遷座したといいます。

中山安房神社
中山安房神社の概要
社号 安房神社
祭神 國常立命、里見安房守、大宮大権現、山王大権現
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県市川市中山4-3-25
祭日 例祭10月19日
備考 旧村社



中山安房神社の由緒

中山安房神社の創建年代等は不詳ながら、『快元僧都記』天文6年(1537)についての記載に当社が記されているといいます(里見安房守義弘は天正6年1578年沒)。明治維新後の社格制定に際して村社に列格、明治42年妙見社を合祀、大正4年に大宮神社・山王神社を合祀し、当地に遷座したといいます。

千葉県神社名鑑による中山安房神社の由緒

創建等不詳だが、『快元僧都記』天文六年の条に当社のことを記述す。(千葉県神社名鑑より)

境内掲示による中山安房神社の由緒

本社は江戸時代の諸書に『安房の須明神』または「安房の須祠」として記載されています。
なかでも江戸名所図会には『安房須明神社』として「中山の北、池田というより北の岡にあり」と書かれ、挿絵を載せています。
はじめに祀られた場所は中山村中山字砂原(現在の中山小学校敷地内)で、明治四十二年一月十二日、同敷地内にあった妙見社境内に移され、妙見社を合祀しました。さらに大正四年政令によって大宮大権現(中山四丁目・旧中山五〇三番地)、山王大権現(中山三丁目・旧中山三六九番地)を合祀して現在地に建立されたのが、今日の『安房神社』です。(境内掲示より)


中山安房神社の周辺図