猫の足あとによる千葉県寺社案内

北国分愛宕神社|市川市北国分の神社

北国分愛宕神社の概要

北国分愛宕神社は、市川市北国分にある神社です。北国分愛宕神社の創建年代は不詳ながら、参道入口に二本対称に植えられている公孫樹が樹齢約500年であることから、其の頃の創建ではないかともいいます。

愛宕神社
愛宕神社の概要
社号 愛宕神社
祭神 軻遇突智命
相殿 -
境内社 天照皇大神宮、天満宮、稲荷二社
住所 千葉県市川市北国分1-12-24
祭日 10月24日
備考 -



北国分愛宕神社の由緒

北国分愛宕神社の創建年代は不詳ながら、参道入口に二本対称に植えられている公孫樹が樹齢約500年であることから、其の頃の創建ではないかともいいます。

千葉県神社名鑑による北国分愛宕神社の由緒

旧国分新田の地に鎮座し、文政六年建立の御水屋を残している。参道入口に、手植えのものといわれる樹齢およそ五〇〇年の大公孫樹(市天然記念物)が二本対称的に聳え、創建はそれ以前のものと伝えられている。なお、現在の社殿は昭和九年造営のものである。(千葉県神社名鑑より)


北国分愛宕神社の周辺図