猫の足あとによる千葉県寺社案内

頂円寺|市川市宮久保にある日蓮宗寺院

頂円寺の概要

市川市宮久保にある日蓮宗寺院の頂円寺は、宮道山と号します。頂円寺は、染谷三郎左衛門尉伊賀入道が開基となり、本久院日明が開山、慶長年間(1596-1615)に創建したといいます。

頂円寺
頂円寺の概要
山号 宮道山
院号 -
寺号 頂円寺
本尊 一塔両尊
住所 市川市宮久保4-13-12
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



頂円寺の縁起

頂円寺は、染谷三郎左衛門尉伊賀入道が開基となり、本久院日明が開山、慶長年間(1596-1615)に創建したといいます。

「日蓮宗寺院大鑑」による頂円寺の縁起

慶長(1596~1615)年間の創立。開山本久院日明。開基檀越染谷三郎左衛門尉伊賀入道。池上・芳師法縁。現在の本堂は26世宣要院日雄が再建。庫裡は昭和37年11月に27世玄孝院日覚が再建。(「日蓮宗寺院大鑑」より)

「市川市内の寺院明細帳」による頂円寺の縁起

頂円寺
僧日明開基此外造立ノ年月不詳(「市川市内の寺院明細帳」より)


頂円寺の周辺図


参考資料

  • 「日蓮宗寺院大鑑」
  • 「市川市内の寺院明細帳」