軽井沢八幡神社|鎌ケ谷市中軽井沢の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

軽井沢八幡神社|鎌ケ谷市中軽井沢の神社

軽井沢八幡神社の概要

軽井沢八幡神社は、鎌ケ谷市中軽井沢にある神社です。軽井沢八幡神社は、延宝5年(1677)に検地が実施されて軽井沢新田が成立、諏訪社が祀られていた当地に宝暦3年(1753)創建したといいます。江戸期には宝泉院が別当を勤め、軽井沢新田の鎮守として祀られてきました。

軽井沢八幡神社
軽井沢八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 応神天皇
相殿 -
境内社 山神・天満宮・稲荷大明神・待道大権現・道祖神など
住所 千葉県鎌ケ谷市中軽井沢2001-1
祭日 -
備考 -



軽井沢八幡神社の由緒

軽井沢八幡神社は、延宝5年(1677)に検地が実施されて軽井沢新田が成立、諏訪社が祀られていた当地に宝暦3年(1753)創建したといいます。江戸期には宝泉院が別当を勤め、軽井沢新田の鎮守として祀られてきました。

「鎌ケ谷市史(上巻)」による軽井沢八幡神社の由緒

八幡神社-軽井沢新田-
軽井沢新田字御新田に所在する同新田の鎮守である。宝暦三年(一七五三)の勧請と伝えられ、氏子の戸数は一二戸である(以上「県神社明細帳」)。文化十三年(一八一六)の「軽井沢新田差出明細帳」(『市史』資料編Ⅲ・上No七六)によると、佐津間村の宝泉院が別当寺であった。また、同時に作成された村絵図には、同社に位置に諏訪神社と記されているが、その理由は不明である。そのほかの来歴は不詳である。(「鎌ケ谷市史(上巻)」より)

「鎌ヶ谷市史資料編(民俗)」による軽井沢八幡神社の由緒

八幡神社
軽井沢字落山二〇〇一番地ノ一に鎮座す。軽井沢新田の村氏神で、応神天皇を祀る。宝暦三年(一七五三)の勧請という。氏子総代は二人である。社殿は昭和五十三年に新築した。境内社に、山神・天満宮・稲荷大明神・待道大権現・道祖神などがあり、社殿の後ろに富士塚が築かれている。(「鎌ヶ谷市史資料編(民俗)」より)

「鎌ヶ谷市史別巻」による軽井沢八幡神社の由緒

軽井沢の八幡神社は、一八世紀半ばの宝暦三年(一七五三)に勧請されたと記されている。軽井沢は、一七世紀後半のいわゆる「大開発の時代」に、下総台地上に多数形成された新田村の一つで、延宝五年(一六七七)に検地が実施され、近世村として成立した。「神社明細帳」の記述のみであると、成立後約八〇年間は鎮守が存在しなかったことになる。他方、文化十三年(一八一六)の「軽井沢新田絵図」(「市史』資料編Ⅲ・上)には、八幡神社の位置に「諏訪大明神」と記されている。誤記とも考えられるが、八幡神社勧請以前の鎮守を記した可能性も指摘できる。(「鎌ヶ谷市史別巻」より)


軽井沢八幡神社の周辺図



参考資料

  • 「鎌ケ谷市史(上巻)」
  • 「鎌ヶ谷市史資料編(民俗)」
  • 「鎌ヶ谷市史別巻」