猫の足あとによる千葉県寺社案内

今谷上町稲荷神社|柏市今谷上町の神社

今谷上町稲荷神社の概要

今谷上町稲荷神社は、柏市今谷上町にある神社です。今谷上町稲荷神社は、小金地区の新田として開拓した当地の鎮守として享保年間(1716-1735)に創建、天保14年(1835)に今谷新田字西割16番から当地へ遷座したといいます。明治維新後の社格制定に際し、村社に列格していました。

今谷上町稲荷神社
今谷上町稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 稲荷大神
住所 千葉県柏市今谷上町63
祭日 10月15日
備考 旧村社



今谷上町稲荷神社の由緒

今谷上町稲荷神社は、小金地区の新田として開拓した当地の鎮守として享保年間(1716-1735)に創建、天保14年(1835)に今谷新田字西割16番から当地へ遷座したといいます。明治維新後の社格制定に際し、村社に列格していました。

千葉県神社名鑑による今谷上町稲荷神社の由緒

江戸時代中期、小金地区の新田として開墾され、享保年間に創立したと伝えられる。(千葉県神社名鑑より)

「柏市史」による今谷上町稲荷神社の由緒

稲荷神社
今谷新田字北割に所在。「神社明細帳」では祭神不詳とあるが、後に倉稲魂命とした。(「柏市史」より)

「柏市史資料編土・千代田村誌」による今谷上町稲荷神社の由緒

稲荷神社
今谷新田字北割六十三番ニアリ。村社ニシテ稲倉魂命ヲ祀ル。往昔ハ字西割十六番ニ鎮座セシモ、人皇百十九代仁孝天皇ノ御宇天保十四年(紀元二千五百三年)二月此処ニ遷座ス。社殿ハ人皇百二十一代明治天皇ノ御宇明治三十九年(紀元二千五百六十六年)二月再建シ、鳥居ハ御大典記念トシテ大正三年(紀元二千五百七十四年)二月再建ス。氏子戸数四戸アリ、毎年十月十五日例祭ヲ執行ス。(「柏市史資料編土・千代田村誌」より)


今谷上町稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 千葉県神社名鑑
  • 「柏市史」
  • 「柏市史資料編土・千代田村誌」