猫の足あとによる千葉県寺社案内

正連寺香取神社|柏市正連寺の神社

正連寺香取神社の概要

正連寺香取神社は、柏市正連寺にある神社です。正連寺香取神社は、永正11年(1514)の創建と伝えられ、正連寺村の鎮守として祀られてきました。明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治41年地内の天神社を合祀しています。

正連寺香取神社
正連寺香取神社の概要
社号 香取神社
祭神 経津主大神
相殿 -
境内社 天神社
住所 千葉県柏市正連寺300
祭日 大祭10月11日
備考 旧村社



正連寺香取神社の由緒

正連寺香取神社は、永正11年(1514)の創建と伝えられ、正連寺村の鎮守として祀られてきました。明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治41年地内の天神社を合祀しています。

境内石碑による正連寺香取神社の由緒

当香取神社は、千葉県知事保管台帳に、御祭神は経津主大神にましまし、永正十一年(一五一四)九月二十日創立と見え、又正連寺は日本地名辞典に、元禄、天保、元和等の郷帳には村高及び検地のことが記され、当神社を鎮守として一村を成して今日に至った。
このたび、天王陛下御在位六十年奉祝を記念して、昭和七年再建の社殿老朽のため、氏子一同協恭改築の議を決し、ここに竣成、遷座祭を斎行、神威力の弥高を拝し、愈々国の隆昌と世界の共存共栄とを祈ってこの碑を建てる。(境内石碑より)

千葉県神社名鑑による正連寺香取神社の由緒

永正一一年(一五一四)九月二〇日創立。(千葉県神社名鑑より)

「柏市史」による正連寺香取神社の由緒

香取神社
正連寺村字屋敷内に所在。祭神は經津主命。明治四一年八月天神社を合祀した。「神社明細帳」は最初由緒不詳とし、明治二二年に永正一一年(一五一四)九月二〇日創立とする訂正願いを許可している。明治四一年天神社を合祀した。(「柏市史」より)


正連寺香取神社の周辺図


参考資料

  • 千葉県神社名鑑
  • 「柏市史」