猫の足あとによる千葉県寺社案内

九郎左衛門新田稲荷神社|松戸市旭町の神社

九郎左衛門新田稲荷神社の概要

九郎左衛門新田稲荷神社は、松戸市旭町にある神社です。九郎左衛門新田稲荷神社は、大谷口城の家臣九郎左エ門一族が、寛永~延宝年間(1624-1681)当地に入植し九郎左衛門新田を開発、九郎左衛門新田の鎮守として奉斎したといいます。

九郎左衛門新田稲荷神社
九郎左衛門新田稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県松戸市旭町2-477-1
祭日 10月14日、大杉祭2月27日
備考 -



九郎左衛門新田稲荷神社の由緒

九郎左衛門新田稲荷神社は、大谷口城の家臣九郎左エ門一族が、寛永~延宝年間(1624-1681)当地に入植し九郎左衛門新田を開発、九郎左衛門新田の鎮守として奉斎したといいます。

「千葉県神社誌」による九郎左衛門新田稲荷神社の由緒

江戸時代寛永から延宝の聞に、大谷口城の家臣九郎左エ門らがこの村に入植、人々の無病息災と豊作を祈念するため、村の中心地を選んで正一位稲荷大明神を勧請し鎮守とした。当時、下総国葛飾郡九郎左エ門新田の戸数一八戸。鎮守の杜の社殿は茅葺の流造向拝宮で、屋根の葺替えは時折行なわれてきている。昭和五三年、土地改良工事のため社殿を隣地に移し、現在に至る。(「千葉県神社誌」より)

「千葉縣東葛飾郡誌」による九郎左衛門新田稲荷神社の由緒

稲荷神社
九郎左衛門新田にあり、稲蒼魂命を祀る。(「千葉縣東葛飾郡誌」より)


九郎左衛門新田稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」