猫の足あとによる千葉県寺社案内

平潟神社|松戸市松戸の神社

平潟神社の概要

平潟神社は、松戸市松戸にある神社です。平潟神社は、十誉茂山上人が来迎寺を慶長14年(1609)に開山した際、水神社を併せ祀ったといいます。江戸期から戦前にかけて平潟地区は江戸川の渡し場として繁栄、多くの信仰を集めたといいます。

平潟神社
平潟神社の概要
社号 平潟神社
祭神 水波之女命
相殿 -
境内社 三峰神社、外1社
住所 千葉県松戸市松戸2166
祭日 10月18日
備考 旧無格社



平潟神社の由緒

平潟神社は、十誉茂山上人が来迎寺を慶長14年(1609)に開山した際、水神社を併せ祀ったといいます。江戸期から戦前にかけて平潟地区は江戸川の渡し場として繁栄、多くの信仰を集めたといいます。

「千葉県神社名鑑」による平潟神社の由緒

江戸川の渡し場、宿場として平潟地区は繁栄した。来迎寺の創建は江戸時代初期で、その中に水神さまとして祀られたものである。神仏分離後は、宿場・花街の人人の信仰を集め、神殿の造りも優雅な向拝宮である。(「千葉県神社名鑑」より)

「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」による平潟神社の由緒

水神社
字平潟ニ在リ。水波之女命ヲ祀ル。社殿間口四尺・奥行四尺・拝殿間口三間・奥行二間ニシテ、境内百七十坪アリ。境内ニハ三峯神社・稲荷神社・八坂神社・秋葉神社ノ四末社アリ。(「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」より)


平潟神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉県神社名鑑」
  • 「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」