猫の足あとによる千葉県寺社案内

外河原稲荷神社|松戸市主水新田の神社

外河原稲荷神社の概要

外河原稲荷神社は、松戸市主水新田にある神社です。外河原稲荷神社は、九郎左衛門新田稲荷神社の分社として、江戸川河川敷附近(外河原新田)に創建、河川改修工事により当地へ遷座したといいます。

外河原稲荷神社
外河原稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県松戸市主水新田480-5
祭日 10月14日
備考 -



外河原稲荷神社の由緒

外河原稲荷神社は、九郎左衛門新田稲荷神社の分社として、江戸川河川敷附近(外河原新田)に創建、河川改修工事により当地へ遷座したといいます。

「千葉県神社誌」による外河原稲荷神社の由緒

稲荷神社(主水48-5)
九郎左エ門が新田に奉斎された稲荷大明神の分社として、江戸川の河原の地に創建された。その後、川と堤の改修工事で現在地に移築。(「千葉県神社誌」より)

「千葉縣東葛飾郡誌」による外河原稲荷神社の由緒

稲荷神社
稲荷神社
外河原にあり、祭神同前(稲蒼魂命)(「千葉縣東葛飾郡誌」より)


外河原稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」