猫の足あとによる千葉県寺社案内

大谷口神明神社|松戸市大谷口の神社

大谷口神明神社の概要

大谷口神明神社は、松戸市大谷口にある神社です。大谷口神明神社は、天文6年(1537)に高城胤吉が小金城内に鎮守として創建、その後城内地に祀られていた熊野神社、香取神社を合祀したといいます。

大谷口神明神社
神明神社の概要
社号 神明神社
祭神 天照大御神
相殿 伊邪那冊命、經津主命
境内社 -
住所 千葉県松戸市大谷口2602
祭日 -
備考 -



大谷口神明神社の由緒

大谷口神明神社は、天文6年(1537)に高城胤吉が小金城内に鎮守として創建、その後城内地に祀られていた熊野神社、香取神社を合祀したといいます。

「千葉県神社誌」による大谷口神明神社の由緒

単立神社のため記載なし(「千葉県神社誌」より)

「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」による大谷口神明神社の由緒

神明神社
大谷口字馬屋敷ニアリ。祭神ハ大霊命ニシテ、祭日ハ毎年十月十七日、氏子大谷口全部、其他不詳ナレドモ、神社境内五畝六歩アリ。(「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」より)

「千葉縣東葛飾郡誌」による大谷口神明神社の由緒

神明神社
大谷口にあり、祭神は天照大御神にして、天文六年高城胤吉の城内に創祀するところ、後世城内の熊野神社(伊邪那冊命)、香取神社(經津主命)を合祀せり。(「千葉縣東葛飾郡誌」より)


大谷口神明神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」
  • 「千葉県神社名鑑」