猫の足あとによる千葉県寺社案内

高林寺|松戸市上本郷にある浄土真宗本願寺派寺院

高林寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の高林寺は、晴雲山と号します。高林寺は、島根県大田市の島根高林寺12世釋智憧の長男厚信が、昭和53年上本郷に創建したといいます。当寺の本尊阿弥陀如来像は、神戸市ので空襲に遭い、黒く変色しているものの、鎌倉時代作と伝えられるお像だそうです。

高林寺
高林寺の概要
山号 晴雲山
院号 -
寺号 高林寺
住所 松戸市上本郷4464
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



高林寺の縁起

高林寺は、島根県大田市の島根高林寺12世釋智憧の長男厚信が、昭和53年上本郷に創建したといいます。当寺の本尊阿弥陀如来像は、神戸市ので空襲に遭い、黒く変色しているものの、鎌倉時代作と伝えられるお像だそうです。

「松戸のお寺」による高林寺の縁起

浄土真宗本願寺派晴雲山高林寺
当山は寛文年間(一六六一~一六七三)、僧願長により島根県大田市に創建された島根高林寺がルーツです。第十二代釋智憧の長男厚信が、昭和五十三年上本郷の地に創建しました。平成二十五年に第二代釋智之が住職に就任しました。
ご本尊の阿弥陀如来像は、鎌倉時代作と伝えられます。当山に譲り受ける以前神戸の寺院にて空襲に遭い、本来金色のお姿が黒く変色してしまいました。世と人々の変遷を見詰てきた尊いお姿です。
本堂建立と共に植えた桜の木は、今では立派な大木となり、訪れる人々を優しく迎え入れています。
入り口の寺号石碑は、宗祖親鸞聖人ゆかりの筑波山の黒御影石です。
季節ごとの恒例法要や、毎月の法話会、壮年会、コーラスなどは、どなたでもご参加いただけます。どうぞお気軽にご参詣ください。(「松戸のお寺」より)


高林寺の周辺図


参考資料

  • 「松戸のお寺」