猫の足あとによる千葉県寺社案内

花蔵院|松戸市岩瀬にある真言宗豊山派寺院

花蔵院の概要

真言宗豊山派寺院の花蔵院は、光明山と号します。花蔵院は、松戸に宿場町が設置されて発展しつつあった元和9年(1623)に創建したといいます。下総四郡新四国相馬霊場八十八ヶ所の第四十三番札所となっています。

花蔵院
花蔵院の概要
山号 光明山
院号 花蔵院
寺号 -
住所 松戸市岩瀬134
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



花蔵院の縁起

花蔵院は、松戸に宿場町が設置されて発展しつつあった元和9年(1623)に創建したといいます。下総四郡新四国相馬霊場八十八ヶ所の第四十三番札所となっています。

「松戸のお寺」による花蔵院の縁起

真言宗豊山派光明山花蔵院
当山は真言宗豊山派の寺院(金町金蓮院末)で、ご本尊は聖観世音菩薩です。詳しい文献は、過去の風害により紛失したとされていますが、創建は江戸時代初期、元和九年(一六二三)で、下総四郡新四国相馬霊場八十八ヶ所の第四十三番札所です。(下総四郡新四国相馬霊場八十八ヶ所とは、文化四年(一八〇七)八千代市吉橋の貞福寺第三十八世住職存秀法印によって、開設されたとされています)
境内には本堂の他、不動堂と聖天堂、鐘楼があります。鐘楼では、大晦日から元日未明にかけ、除夜の鐘を撞くことができ、来訪者には善哉が振る舞われます。
江戸時代に江戸と水戸を結ぶ公的な宿として発展した松戸宿は、歓楽街としての性格をもち、旅籠の娘たちが祈願に訪れていました。
松戸市保護樹木に指定されている黒松は、樹高約16メートル、幹回り3メートル強で樹齢は300年以上、樟は樹高約25メートル、幹周り3メートル強で樹齢は150年と言われ、このお寺の歴史を物語っています。
現在の本堂は昭和四十二年、不動堂は平成九年、聖天堂は平成二十六年に再建されたものです。(「松戸のお寺」より)


花蔵院の周辺図


参考資料

  • 「松戸のお寺」