猫の足あとによる千葉県寺社案内

東深井駒形神社|流山市東深井の神社

東深井駒形神社の概要

東深井駒形神社は、流山市東深井にある神社です。東深井駒形神社は、応永年間(1394-1428)に創建、東深井の鎮守として祀られてきたといいます。また、当社にかつて聳えていた松の木には、源義家が奥州征伐の際、駒を繋いで休憩したと伝えられています。

東深井駒形神社
東深井駒形神社の概要
社号 駒形神社
祭神 譽田別尊
相殿 -
境内社 天神社、浅間大神
住所 千葉県流山市東深井313
祭日 10月19日
備考 -



東深井駒形神社の由緒

東深井駒形神社は、応永年間(1394-1428)に創建、東深井の鎮守として祀られてきたといいます。また、当社にかつて聳えていた松の木には、源義家が奥州征伐の際、駒を繋いで休憩したと伝えられています。

「千葉県神社誌」による東深井駒形神社の由緒

後小松天皇の御宇応永元年九月の創建。東深井地区の産土神。一間三尺の社・拝殿、間口四間・奥行三間の神楽殿もあった。源義家が奥州征伐の途次、駒を繋いで憩われた所と伝える。(「千葉県神社誌」より)

「千葉縣東葛飾郡誌」による東深井駒形神社の由緒

駒形神社
東深井にあり、譽田別命を祀る應永九年の創建にして社傳に曰ふ社前の大椋(現今目通二丈有餘の古木)は源義家奥州征伐の際駒を繋ぎて憩へる所なりと。(「千葉縣東葛飾郡誌」より)


東深井駒形神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」