猫の足あとによる千葉県寺社案内

水辺稲荷神社|流山市東深井の神社

水辺稲荷神社の概要

水辺稲荷神社は、流山市東深井にある神社です。水辺稲荷神社は、領主本田豊前守が武運長久・領内安全・万民豊楽祈願を願い延宝8年(1680)に創建したといいます。

水辺稲荷神社
水辺稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県流山市東深井887
祭日 2月初午日
備考 -



水辺稲荷神社の由緒

水辺稲荷神社は、領主本田豊前守が武運長久・領内安全・万民豊楽祈願を願い延宝8年(1680)に創建したといいます。

「千葉県神社誌」による水辺稲荷神社の由緒

創立は延宝八庚申如月初午。時の領主本田豊前守が武運長久・領内安全・万民豊楽祈願のため、京都伏見稲荷神社の御分霊を奉還された。古来、諸厄を除き福運の神として崇敬される。(「千葉県神社誌」より)


水辺稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」