猫の足あとによる千葉県寺社案内

大畔新田稲荷神社|流山市西初石の神社

大畔新田稲荷神社の概要

大畔新田稲荷神社は、流山市西初石にある神社です。大畔新田稲荷神社は、大畔新田が享保15年(1730)に開発され、その鎮守として創建したといいます。

大畔新田稲荷神社
大畔新田稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 稲荷大神
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県流山市西初石5-36
祭日 2月11日
備考 -



大畔新田稲荷神社の由緒

大畔新田稲荷神社は、大畔新田が享保15年(1730)に開発され、その鎮守として創建したといいます。

「千葉県神社誌」による大畔新田稲荷神社の由緒

享保一五年、同市大畔の新開地として開発され、その鎮守として創建された。(「千葉県神社誌」より)

「流山市史・近代資料編」による大畔新田稲荷神社の由緒

稲荷社
稲荷社は、大畔新田区にあり。同区の産土神なり。創立の年月未詳なり。(「流山市史・近代資料編」より)


大畔新田稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」