猫の足あとによる千葉県寺社案内

駒木台八幡神社|流山市駒木台の神社

駒木台八幡神社の概要

駒木台八幡神社は、流山市駒木台にある神社です。駒木台八幡神社は、慶安2年(1649)駒木村の村請新田開発が始まり諏訪神社を奉斎、その後享保15年(1730)頃に八幡神社を奉祀したといいます。

駒木台八幡神社
駒木台八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 譽田別尊
相殿 -
境内社 ほそかみ様、弁財天祠、栗山稲荷祠、天神祠
住所 千葉県流山市駒木台224
祭日 10月15日
備考 -



駒木台八幡神社の由緒

駒木台八幡神社は、慶安2年(1649)駒木村の村請新田開発が始まり諏訪神社を奉斎、その後享保15年(1730)頃に八幡神社を奉祀したといいます。

「千葉県神社名鑑」による駒木台八幡神社の由緒

社殿の棟札に明和五年とあり、江戸時代すでに栄えていた。当地は付近に貝塚を散見し、室町の頃の城跡もあり、神社の創立も江戸時代以前とおもわれる。(「千葉県神社名鑑」より)

「流山市史・近代資料編」による駒木台八幡神社の由緒

八幡神社
八幡神社は名都借区にあり。経津主ノ命を祀る同名の神社は、前ヶ崎区、向小金新田及び青田新田区にあれども、いづれも由緒つまびらかならず。毎年十月二十日例祭を行う。各区の産土神なり。(「流山市史・近代資料編」より)


駒木台八幡神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」