猫の足あとによる板橋区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

向原八雲神社|板橋区向原の神社

向原八雲神社の概要

向原八雲神社は、板橋区向原にある八雲神社です。向原八雲神社の創建年代等は不詳ながら、上板橋村小名向原の鎮守として江戸期に勧請、江戸時代末期に当地へ遷座したのではないかといいます。現在は、東新町氷川神社の境外末社となっています。

向原八雲神社
向原八雲神社の概要
社号 八雲神社
祭神 須佐之男命
相殿 -
境末社 稲荷社
祭日 -
住所 板橋区向原2-4
備考 -



向原八雲神社の由緒

向原八雲神社の創建年代等は不詳ながら、上板橋村小名向原の鎮守として江戸期に勧請、江戸時代末期に当地へ遷座したのではないかといいます。現在は、東新町氷川神社の境外末社となっています。

新編武蔵風土記稿による向原八雲神社の由緒

(上板橋村)
第六天社
安養院持 (新編武蔵風土記稿より)

「いたばしの神社」による向原八雲神社の由緒

東新町氷川神社)境外社
八雲神社(向原町1435)素戔嗚尊(「いたばしの神社」より)

境内石碑による向原八雲神社の由緒

向原八雲神社御由緒
御祭神 建速須佐之男命
当神社は江戸時代この地域の先祖が現在の向原一丁目に勧請し、江戸時代末頃現在の地に遷されたと伝えられており、現在は向原地域の鎮守社としてお祀りしております(尚、向原地域の氏神は東新町に鎮座する氷川神社であります)
当神社には「祇園守」という京の祇園神社(現八坂神社)所縁の珍しい御神紋が有り、また古から「天王さま」と呼ばれ親しまれております。当神社の総社は愛知県の津島神社であることから同御祭神の八坂様と共に深い所縁がございます。
八雲神社は古来より疫病や天災を祓う神様として崇められておりますが、更に健康や家内安全・商売繁盛・学問成就などに御利益があるとして、向原地域のみならず近隣諸地域の皆様から厚い崇敬をいただいております。
此度、平成十九年丁亥九月崇敬者各位の御奉賛により新社殿が竣工しました。この奉賛事業を記念し、永く御由緒之碑を奉納いたします。
平成十九年九月四日 向原八雲神社奉賛会(境内石碑より)


向原八雲神社所蔵の文化財

  • 向原八雲神社信仰関係資料(区登録有形民俗文化財)

向原八雲神社信仰関係資料

向原八雲神社は、須佐之男命を祭神とし、当地の鎮守であったと伝えられています。元々は向原一丁目に祀られていましたが、江戸期に現在地へと移座したとされます。
当社には、富士・大山信仰に関する資料があります。境内の手水鉢は、富士講の講中の一つである山万講の枝講で、上板橋村に展開した丸證講が江戸期に奉納したもので、そこに刻まれている世話人には、富士山三十三度成就を果たした大先達である向原の三原松五郎の名前が確認できます。
大山信仰に関わる資料としては、木太刀や神酒枠があります。木太刀は大山まで講員が持参し、良弁の滝で水垢離をした後に神前へと奉納され、それと引換えに以前奉納した木太刀を持ち帰ってお守りとするものです。神酒枠は大山へ御神酒を奉納し、帰りに御神水を入れる御神輿状のもので、これらは区内では当社だけに確認されています。
他にも、明治四年(一八七一)以降の年紀を持つ、榛名・大山・富士・古峯・武州御嶽・木曾御嶽などへの登拝講にかかわる古文書と、当地「オビシャ」信仰に関わる古文書も管理しています。
これらの八雲神社の信仰関係資料は、当地の江戸期以降の祭祀や登拝講について、その組織の実態などを明らかとする貴重な資料群であり、平成二十年度に区登録有形民俗文化財となりました。(板橋区教育委員会掲示より)

向原八雲神社の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「いたばしの神社」