猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

光闡山道教寺|港区赤坂にある真宗大谷派寺院

道教寺の概要

真宗大谷派寺院の道教寺は、光闡山と号します。道教寺は、権律師政受祐念(明暦元年1655年寂)を開基として慶長3年(1598年、一説に元和3年1617年)創建、寛永12年(1635)神田神保町から当地へ移転したといいます。

道教寺
道教寺の概要
山号 光闡山
院号 -
寺号 道教寺
住所 港区赤坂7-6-5
宗派 真宗大谷派
葬儀・墓地 -
備考 -



道教寺の縁起

道教寺は、権律師政受祐念(明暦元年1655年寂)を開基として慶長3年(1598年、一説に元和3年1617年)創建、寛永12年(1635)神田神保町から当地へ移転したといいます。

東京名所図会による道教寺の縁起

道教寺は。臺町三十四番地に在り。真宗大谷派にして。光闡山と號す。開基は権律師政受祐念といふ。毎月三日講習會の説教あり。本堂は土蔵造にして。南畔に大河原氏夫妻の碑を建置せり。新編江戸志に「往古麹町神保小路なり寛永十二乙亥年二月廿八日今の地に移さる」と見ゆ。(東京名所図会より)

御府内寺社備考による道教寺の縁起

東本願寺赤坂寺町
光闡山道教寺、境内古跡拝領地四百八十一坪余
起立之儀慶長三未とも元和三とも申候。開基権律師釋祐念糀町迄神保小路ニ而寺地草創仕処御用地ニ被召上寛永十二年二月廿八日為替地今之地所移転仕候。(御府内寺社備考より)


道教寺の周辺図


大きな地図で見る